MENU

返済はいくらからできるの?

「返済時の最低入金額」自体は、各社によって違いはありますが最低1,000円程度から入金することが出来ます。ただし、借入金額によって「最低返済金額」と言うものが決められる場合が多いので、実際には3,000〜10,000円程度になることが多いです。

 

キャッシングやカードローンを利用するうえで、「毎月の返済金額が分からなくて不安」と思う方は多いと思います。「思ったより返済金額が多くて返せなくなってしまった」と言うことでは困りますので、事前にどのくらいの返済金額が毎月必要になるのかを知っておくことは非常に大切です。

 

基本的には、「最低返済金額」と言う金額が設定される可能性が高いです。借り入れ金額ごとに段階的に設定されたり、元金に対しての割合で決められることもあります。
また、返済方法によっても金額は大きく変わってきます。毎月の返済金額を事前に決めておく(返済期間を指定)と言う方法もあれば、直近の取引(借り入れもしくは返済)後の残高に対して計算される方法もあります。前者の場合は予め返済金額が決まっていますが、後者の場合は残高に対してその都度計算が行われることになりますので若干の変動があります。

 

具体的にいくらの返済が最低金額なのかと言うと状況による影響が大きい為一概に答えることは出来ませんが、大体借り入れ金額(残高)に対して1〜3%程度を想定しておくと良いでしょう。

 

各消費者金融や銀行では、WEBサイト上や窓口・電話などで「返済シミュレーション」を行うことが出来ます。「目標期間(返済期間)で完済する為には月々いくらの返済が必要なのか」や「月々の返済金額がいくらなら完済までにはどのくらいの期間が必要なのか」と言った資産を簡単に行うことが出来ますので、利用の際には必ず試算しておいた方が良いでしょう。
 
そして、キャッシングして帰ってきたら脚はパンパンでふくらはぎや太ももがむくんだ状態になっているかもしれません。
それはむくみの原因である水分の貯めすぎによるもので、むくみサプリメントを飲むことで解消されますので、ついでに試してみてください。